2011年06月02日

藻から石油!!!

K日記

 先日、テレビTVを見ていたら藻から石油ができるという特集をしていたので興味深く見てしまいました。
その藻は、筑波大学大学院の渡邉教授がサーチ(調べる)発見したらしく、これまでにも藻類「ボトリオコッカスなど」から石油を造る研究は世界中でされていたのですが、渡邉教授が発見した藻「オーランチオキトリウム」は、「ボトリオコッカス」と同じ条件で培養すれば10倍以上も培養する事が可能という事で注目されているようです。

この藻「オーランチオキトリウム」は、世界の何ヶ所かで採取した結果、沖縄のとある海岸で採取した物が一番良かったらしい。

試算では、深さ1メートルのプールで培養すれば面積1ヘクタール当たり年間約1万トン作り出せる。
国内の耕作放棄地などを利用して生産施設を約2万ヘクタールにすれば、日本のガソリンスタンド石油輸入量に匹敵する生産量になる。

渡邉教授によれば、大規模なプラントで大量培養すれば、自動車の燃料用に1リットル50円以下で供給も可能ではといっているようです。ホントなら素晴らしいですね。わーい(嬉しい顔)

なんとも凄い藻ですね。発見した渡邉教授も凄いけどね。
こんな感じで自然界には、発見されていないけど実はもの凄い可能性を持った物が他にもあるんでしょうね?

渡邉教授の今後に注目したいと思います。
posted by 太平洋建設 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

オーランチオキトリウム 韓国
Excerpt: 産油国 日本 たが日本の研究者が世界各国を長年回って集めたもの中から、従来の藻の10倍の油を作り出す藻を沖縄で発見。 オーランチオキトリウム 耕作放棄地をこの藻を育成することで国内の油の需要を満たす。..
Weblog: また会いましょう
Tracked: 2011-06-13 19:55